カテゴリ:
e2d6409f.jpg

戦争とは情報戦であり、如何に相手に情報を知られず味方に情報を
伝えるかという暗号戦でもあります。

人類は、数学や言語学を駆使して様々な暗号を作っては暗号解読者が
それを解くという歴史を繰り返してきましたが、
第二次世界大戦時に、解読不可能として実践に使われていたのが
意外にも、
「未開のネイティブアメリカンが使っている全然知られていない言語を、
そのネイティブが発信受信する」
というやり方でした。

これなら盗聴されても全然解読できないそうな。

アルファベットを置換して変換するなどと言ったこれまでのやり方では
決してたどり着けない方法ですね。