カテゴリ:

改めまして、東日本大震災で被害に犠牲になられた方々に深くお悔やみ申し上げます。

2014年3月11日。早いもので東日本大震災から3年経った。

いや、早いというのは直接の被災者ではない私が感じていることであり、

被災者の方々によってはことさら長い期間だったかもしれないし、

同じように短く感じているのかもしれない。

テレビではワンダイレクションが

「3年あれば人生が変わる」なんてことを言っているが、

この3年で人生がガラッと変わった人はとても多いことだろう。

私自身のことで言えば、震災があったことでそれを題材にした映画を1本作ったり、

人生を改めて見直して転職をしたり、少なからず生活は変わった。

でもそれはあくまでも生活の一部であり、

大きな意味ではそれほど変わってないと言える。

311を経験して改めて思うことは、ありきたりなんだけど

「普通の日々のありがたさ」である。


昨日と同じことが当たり前のようにやってくる。

忘れがちになる、そんな当たり前のありがたさを感じさせてくれ、

平和ボケした自分の頭にガツンと現実を突きつけてくれた。

そのことだけは少なくとも、ずっとずっと忘れずにいようと思う。


3年というと何か一区切りという印象がある。

「とりあえず3年はがんばってみよう」とかで始まった
支援サービスも結構あるんじゃないかな。
そんな支援サービスが
「もう少しがんばってみるか」とちょっとでも長く続くことを祈りつつ、

自分自身も、311のことを忘れずにしっかり胸に刻んで、明日からも生きていこう。